時計 2021/04/13 17:01

3町長選 さつま、湧水は無投票当選 南大隅は3候補の争いに

 任期満了に伴い、13日告示されたさつま、湧水、南大隅の3町の町長・議会議員選挙と錦江町議会議員選挙は午後5時で立候補を締め切った。さつま町長選は無所属新人で元副町長の上野俊市氏(58)、湧水は無所属現職で2期目を目指す池上滝一氏(60)以外に届け出がなく、無投票で当選がそれぞれ決まった。南大隅は新人3人による三つどもえの争いとなった。投開票日は18日。

 南大隅町長選は、いずれも無所属新人で、元町議の水谷俊一氏(61)、元町総務課長の石畑博氏(65)、元衆院議員秘書の田中慧氏(38)が立候補した。定数12の町議選は現職8、新人5の計13人が立候補を届け出た。

 定数16のさつま町議選に届け出たのは現職11、新人6の計17人。定数12の湧水町議選は現職11、元職2、新人4の計17人。定数12の錦江町議選は現職10、元職1、新人2の計13人。