時計 2021/04/15 10:48

屋久島町長のリコール、町選管に申請 出張旅費不正で住民グループ

リコール(解職請求)申請の要旨を手渡す鹿島幹男さん(右)=屋久島町役場
リコール(解職請求)申請の要旨を手渡す鹿島幹男さん(右)=屋久島町役場
 屋久島町の出張旅費不正を追及する住民グループ「清く正しい屋久島町を創る会」の鹿島幹男代表は15日、荒木耕治町長のリコール(解職請求)のための署名活動に必要な請求代表者証明書の交付を町選挙管理委員会に申請した。

 鹿島代表が15日午前、町選管を訪れ、解職請求の要旨を鎌田富士雄委員長に手渡した。選管は16日、臨時会を開き、証明書交付について協議する。

 選管の交付後、署名集めを始める。交付後1カ月の期間内に有権者の3分の1以上の署名を集め、確定すれば住民投票が行われる。過半数が賛成した場合、町長は失職する。

 荒木町長は2015〜19年度の出張時、普通運賃の航空券を払い戻し、格安の高齢者割引で搭乗して差額を得たことが発覚。住民グループが刑事告発し、鹿児島地検は20年9月、起訴猶予の不起訴処分とした。