時計 2021/04/21 13:21

2年ぶり「初夏の北海道物産展」 コロナ対策で入場整理 鹿児島市の山形屋

2年ぶりに開かれている「初夏の北海道物産展」=鹿児島市の山形屋
2年ぶりに開かれている「初夏の北海道物産展」=鹿児島市の山形屋
 鹿児島市の山形屋で21日、人気の恒例催事「初夏の北海道物産展」が始まった。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止しており、2年ぶりの開催。感染防止対策としてメイン会場の1号館6階への入場には整理券が必要で、北海道ならではの海鮮やスイーツを目当てに100人ほどが午前10時の開店前から列を作った。

 同市の70代女性は「(北海道物産展は)山形屋のトレードマーク。毎回楽しみに来ている。めったに見掛けないカニなどの海産物や松前漬けなどを購入したい」と笑顔を見せた。

 会期は5月5日まで。会場を2号館6階文化ホール、天文館ベルク広場など5カ所に分散させ、密にならないようコロナ対策を徹底している。