時計 2021/05/04 08:00

宮崎県、全域に緊急警報を発令 28人の感染発表 県境越えた往来自粛要請 新型コロナ3日

 宮崎県は3日、新型コロナウイルスの「感染拡大緊急警報」を県内全域に発令した。期間は23日までをめどとする。4月下旬以降、都城や宮崎市でクラスター(感染者集団)が相次ぎ、変異株も急増するなど感染拡大が懸念されている。

 緊急警報は県独自の警報レベル(5段階)の上から2番目。発令期間中は4人以下での会食の徹底などを呼びかけている。大型連休中は県外との往来や来県を自粛するよう要請した。

 3日の県発表の感染者は8人。小林保健所管内(小林市、えびの市、高原町)で鹿児島県内の50代男性1人を確認した。都城・北諸県圏域の県立学校クラスター関連の確認はなかった。宮崎市は20人を発表し、同日の県内の感染者確認は計28人。累計2299人。
広告