時計 2021/05/06 23:30

北薩振興局職員20人が送別会 3月下旬に3時間 薩摩川内の飲食店で

 薩摩川内市の鹿児島県北薩地域振興局農政普及課の職員約20人が3月23日夜、同市内の飲食店で約3時間の送別会を開いていたことが6日、分かった。

 同課によると、課長を含む職員が参加した。店は貸し切りで、仕切り板設置など新型コロナウイルス対策を取っていたため、問題ないと判断したという。

 県人事課は「事実かどうか承知していない。飲食を伴う会合は原則4人以下、2時間以内のさらなる周知徹底を図る」としている。

 塩田康一知事は3月中旬、「少人数、短時間」での会食を呼び掛けていた。その後、県庁本庁の観光課、情報政策課の職員らが大人数で送別会を開いていたことが分かり、4月に「原則4人以下、2時間以内」を周知した。