時計 2021/05/12 06:00

病床占有率50%超 療養者数に続き「ステージ4」相当に 新型コロナ・鹿児島県警戒基準

 鹿児島県の新型コロナウイルス感染拡大の警戒基準のうち、最大確保病床の占有率は10日時点で52.6%となり、ステージ4(感染者爆発的拡大)の指標となる50%を超えた。人口10万人当たりの療養者数に続き、最も深刻な状況を示す「4」の水準に達した。

 県はコロナ療養のため、50医療機関に378床(うち重症44床)を確保しており、199人が入院する。感染急拡大を受け、入院中の人は連日過去最多を更新。5月1日の71人から10日間で2.8倍になった。

 入院者と宿泊施設の入所者、自宅待機者を合わせた療養者も増え続け、10日時点で422人に上る。人口10万人当たり26.3人で「4」相当になっている。

 警戒基準は現在ステージ3(感染者急増)。県は7日にステージ2(漸増)から引き上げ、感染拡大警報を発令した。10日から5市町の飲食店に営業時間短縮を要請している。