時計 2021/06/10 12:00

新日本科学が職域接種 従業員や家族1100人対象 7月上旬~8月上旬 新型コロナワクチン 鹿児島県内で6事業所が申請

 新日本科学(本社・東京、本店・鹿児島市)は9日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を厚生労働省に申請し、承認されたと発表した。鹿児島本店の従業員ら約1100人を対象とし、ワクチンが到着次第、接種を開始する。

 同社によると、7月上旬に1回目、7月末~8月上旬に2回目を接種する計画で8日に申請した。鹿児島本店に会場を確保し、業務提携するメディポリス国際陽子線治療センター(指宿市)の医療従事者の協力を得る。

 希望する従業員に接種後、ワクチン供給量や自治体の意向を確認した上で、従業員の家族や取引先への接種も検討する。

 県健康増進課の新型コロナウイルス感染症対策室によると、厚生労働省に職域接種を申請した県内の事業所は8日4件、9日2件の計6件だった。県が設置した窓口には、同日までに約20事業所から相談があった。