時計 2021/06/11 12:10

コンテナホテル 九州初進出 来年2月、鹿児島・伊佐にオープン ダブル27室、ツイン5室

部屋ごと駐車場を備える栃木県内のコンテナホテル。来年2月、鹿児島県伊佐市に九州初進出する
部屋ごと駐車場を備える栃木県内のコンテナホテル。来年2月、鹿児島県伊佐市に九州初進出する
 建築業のデベロップ(千葉県市川市)は、鹿児島県伊佐市大口里に2022年2月、コンテナホテル「ホテル R9 ザ ヤード 伊佐」を開業する。6月中に着工する。

 約2600平方メートルの敷地に、直方体のコンテナ1棟13平方メートルを1客室として並べる。ダブルルーム27室、ツインルーム5室。1泊1人5000円から。九州初進出、全国で37カ所目。

 同社は、コンテナ型のトランクルーム開発などを手がける。東日本大震災で復興従事者用施設を建設したのをきっかけに「動くホテル」を発案。災害時の出動も想定、東京都では新型コロナウイルスのPCR検査施設として稼働している。

 部屋ごとに独立した構造が好評で、コロナ下でも6~7割の稼働率があるという。「伊佐」は、熊本、宮崎両県に接し、交通アクセスのよい立地に着目。周辺に宿泊施設が少なく、ビジネスや観光滞在拠点としての需要を見込む。
広告