広告
 2021/06/18 12:40

「30分に1回、換気5分」など47項目審査  コロナ感染対策の飲食店認定 28日から申請開始 鹿児島県

 鹿児島県は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、飲食店を対象に創設した認証制度の概要を発表した。先行県の「山梨モデル」を参考に、第三者が感染対策を審査する47項目を設定。このうち「30分に1回、5分程度の換気」など必須の37項目全てを満たせば合格店とする。28日から受け付け、現地調査は7月に始める。

 審査は、県旅行業協同組合など3者による共同企業体が担当する。必須項目は(1)マスク着用など来店者の対策(2)手指消毒など従業員の対策(3)施設・設備の衛生管理(4)チェックリストの作成・公表(5)感染者発生に備えた対処方針-としている。これらの感染対策に県が“お墨付き”を与えることで飲食する利用者への安心と信頼を提供する。

 対象は1万4000店あり、県は5割の7000店からの申請を目標に呼び掛ける。飲食店が申請書を郵送し、第三者がチェックシートに基づき現地調査・審査する。提出先は決まり次第、県ホームページ(HP)で公表する。

 1カ月単位で結果をまとめ、優良事業者として県HPで公表するほか、認証ステッカーを店に掲示してもらう。認証期間は1年間。