2021/06/18 11:21

職場接種 鹿児島銀行が7月に6000人規模実施 新型コロナワクチン

 鹿児島銀行(鹿児島市)は17日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を厚生労働省に申請し承認されたと発表した。対象はグループ会社を含めた従業員や家族など6000人で、7月上旬に1回目を始める見込み。

 同行が運営する商業施設「よかど鹿児島」のスタッフ、関係施設に出入りする清掃や警備関係者も対象に加える。本店別館ビル大ホールや鴨池支店が入るビルを会場とし、取引先の医療従事者の協力を得る。

 外部の人と接する機会が多い店舗窓口や営業の担当者のほか、システム管理部署などから実施する予定。

 県の新型コロナウイルス感染症対策室によると、17日時点の県内の職場接種の申請は19件で、うち16件が承認済み。