2021/06/21 08:54

おれんじ鉄道と接触の4歳児 軽いけが 運転士「100メートル手前で見つけ急ブレーキ」 鹿児島・出水

事故現場付近を調べる捜査員ら=20日午後4時40分ごろ、出水市野田町下名
事故現場付近を調べる捜査員ら=20日午後4時40分ごろ、出水市野田町下名
 20日午後3時15分ごろ、出水市の肥薩おれんじ鉄道野田郷-折口間で、川内発八代行き普通列車(1両編成)が4歳男児と接触した。男児は背中などに軽いけがを負った。乗客4人にけがはなかった。

 出水署や同社によると、現場は餅井踏切(野田町下名)から野田郷側へ約500メートル。男児は当時、3歳の男児と2人で現場近くにいた。近くに柵などはない。運転士は「100メートル手前で子どもを見つけ、急ブレーキを踏んだが接触した」と話している。出水-川内間で約1時間40分運転を見合わせ、普通列車上下2本が部分運休した。最大86分遅れ、約90人に影響が出た。

 事故時に近くの自宅にいて、男児を介抱した女性は「大けがにつながらなくて本当に良かった」と話した。