広告
 2021/07/22 08:30

馬毛島基地計画 南大隅町長「観光に影響あるとは考えない」 漁への影響は懸念

馬毛島
馬毛島
 西之表市馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地整備計画を巡り、鹿児島県の塩田康一知事は21日、南大隅町の石畑博町長と県庁で意見交換した。石畑町長は馬毛島近海で漁をする漁業者らから戦闘機騒音などの影響を懸念する声があり、地元への説明を要望した。

 冒頭以外は非公開。石畑町長は面談後、防衛省が5月に行った戦闘機デモ飛行について「機影も騒音も確認できなかった。現実的に観光に影響があるとは考えていない」と述べた。一方、漁業者からは米軍機がルートを外れた場合に関し「魚は音に敏感。慎重な対応をすべきだ」との声もあるとした。計画の賛否は「西之表に土地がある。コメントすべきではない」と語った。

 塩田知事は関係5市町長との2回目となる個別面談を同日で終えた。計画に伴い防衛省が進める環境影響評価(アセス)の調査項目や手法を示す「方法書」に対し、29日までに述べる知事意見について「取捨選択せず、懸念材料や調査に加えてもらいたいことはできるだけ反映したい」と話した。