第43回鹿児島県ちびっこソフトボール開会式 狙え頂点、笑顔で行進

(2017 03/05 13:00)
頂点を目指し元気よく入場行進する選手たち=県立鴨池陸上競技場
 第43回鹿児島県ちびっこソフトボール大会(県ソフトボールスポーツ少年団連絡協議会、南日本新聞社主催、鹿児島銀行、NTT西日本鹿児島支店特別協賛)は4日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で開会式があった。県内12地区の小学生チーム計188チームの約2700人が、同市の南小学校金管バンドの演奏に合わせてはつらつと入場行進した。
 式では、県ソフトボールスポーツ少年団連絡協議会の小野正男会長が「チーム一丸となり、ファイトあふれるプレーで最高の大会にしてほしい」とあいさつ。南日本新聞社の逆瀬川尚文社長は「感謝や謙虚な気持ちを忘れず、日頃の練習の成果を発揮して」と激励した。
(記事全文は5日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース