マッコウクジラ6頭座礁 上ノ山海岸・南さつま市

(2017 03/10 23:00)
座礁したマッコウクジラ=南さつま市金峰の上ノ山海岸(南さつま市提供)
 南さつま市金峰町高橋の上ノ山海岸で10日、座礁したマッコウクジラ6頭が見つかった。市や県によると、いずれも体長は10メートル前後で発見時は死んでいたか瀕死(ひんし)の状態だった。
 市によると同日午前11時ごろ、貝掘りに来ていた男性から電話で連絡があり、市や県、かごしま水族館の職員が現場を確認。6頭は波打ち際の1カ所に横たわっていたという。
 30年以上前からサーフィンで同海岸を訪れている、鹿児島市武岡3丁目の自営業満留秀人さん(50)は「昨日は見なかった。今日までの干潮時に座礁したのでは」と話した。
(記事全文は11日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース