志布志中生がボランティア 熊本・益城町の仮設住宅清掃

  
(2017 03/14 20:15)
仮設住宅での清掃活動に参加する志布志中学校の生徒ら=熊本県益城町
 志布志市の志布志中学校の生徒らが5日、熊本地震で被災した熊本県益城町の仮設住宅を訪れ、清掃のボランティアをした。定期的に被災地を訪問し続けている郵便局長ら市内有志に、希望する生徒が加わった。
 卒業を控えた3年生と2年生の計11人。清掃前に各家庭を訪ねてあいさつし、被災者と言葉を交わした後、滑りやすくなっていたバリアフリーのスロープ周辺をデッキブラシできれいにした。休憩を挟み4時間余り作業した。
(記事全文は15日付南日本新聞、またはモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース