座礁のマッコウクジラ、18日以降野間岬沖海底に

(2017 03/15 00:10)
 鹿児島県は14日、南さつま市金峰町高橋の上ノ山海岸に座礁したマッコウクジラ6頭を、18日以降に同市笠沙町片浦の野間岬沖合約10キロの海底に沈めると発表した。
 県南薩地域振興局などによると、マッコウクジラを1頭ずつ網で巻くなどの準備を17日までに終え、コンクリート製の重りを現場で付ける。沈める水深は約180メートル。6頭は同市笠沙町片浦沖合の台船に係留されており、今後の天候によっては作業が遅れる可能性もある。

フォトニュース