故生頼範義さんの幻の大作東京へ 川内歴史資料館が初貸し出し

(2017/12/21 22:00)
東京での展覧会のため初めて貸し出される故生頼範義さんの大作「破壊される人間」=薩摩川内市の川内歴史資料館
 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」や「ゴジラ」シリーズの映画ポスターなどで知られるイラストレーター故生頼(おうらい)範義さんの大作「破壊される人間」が、1月6日から東京・上野の森美術館で開かれる展覧会のため、所蔵する薩摩川内市の川内歴史資料館から貸し出されることになった。1984(昭和59)年の開館以来初の館外搬出。ファンの間で「幻の大作」と言われる作品で、東京での公開は話題を呼びそうだ。
 生頼さんは生まれた兵庫県明石市で空襲に遭い、旧川内市に疎開して高校まで過ごした。東京芸大中退後、イラストレーターとして世界的名声を得たが、画家としての思いが強かったと言われる。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース