鬼神 諭し励まし年越し 甑島のトシドン・薩摩川内市

(2017/12/31 23:00)
子どもの背中に褒美の歳餅を乗せるトシドン=薩摩川内市下甑町手打
 薩摩川内市下甑で12月31日、国の重要無形民俗文化財で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「甑島のトシドン」があった。今回は保存会がある6地区のうち4地区が実施した。
 大みそかの夜、鬼のような面の年の神が子どもがいる家々を回る伝統行事。大声で「おるか、おるか。来て障子を開けー」と訪れ、子どもに日頃の良い所を褒めて励まし、悪い所は戒めて諭す。
(記事全文は1日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース