出水・六反ヶ丸遺跡 住民ら招き発掘成果説明会

(2018/01/19 13:00)
六反ヶ丸遺跡で見つかった竪穴住居跡を見学する参加者=出水市六月田町
 出水市六月田町の六反ヶ丸遺跡で、地元住民らを対象にした発掘調査成果の説明会が13日あった。約100人が参加。見つかった1500年以上前の住居跡や遺物を見学し、地域の歴史に思いをはせた。
 南九州西回り自動車道の建設に伴い、埋蔵文化財調査センター(霧島市)が、昨年9月から建設ルート上にある同遺跡の発掘調査を開始。これまでに古墳時代(約1500年前)の竪穴住居跡や、縄文時代後期(約3000年前)の土器などが見つかっている。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース