鹿児島県本土、6日大雪の恐れ

(2018/02/05 23:35)
冷え込みで湖面が氷結した大浪池=5日午後、霧島市
 強い寒気の影響で、鹿児島県内は5日、雪が降った。寒気は6~7日も九州南部に居座り、薩摩地方を中心に大雪となる恐れがある。鹿児島地方気象台は、積雪や凍結による交通障害、水道管の凍結、農作物の管理などに注意を促している。
 気象台によると、6日午後6時までの24時間に降る雪の深さは、薩摩地方の山地(標高200メートル以上)で15センチ、平地10センチ。大隅地方の山地7センチ、平地3センチの見込み。寒気の影響で大気の状態が不安定になるため、落雷や突風の恐れもある。
 厳しい冷え込みとなった5日の霧島連山は、韓国岳などの峰々が冠雪、大浪池は湖面が白く氷結した。
 県警によると、同日午前0~10時までの間、北薩地域を中心に、視界不良や路面凍結によるスリップなどの交通事故が相次ぎ、人身は10件、物損は55件に上った。積雪のため熊本県内の高速道路は一時通行止めとなり、鹿児島と福岡、熊本を結ぶ高速バスで運休が相次いだ。
 県によると、同日午後8時現在、屋久島の県道2カ所では積雪のため通行止めが続いており、県本土の国道や県道で車のチェーン装着を呼び掛けている。
 このほか、雪の影響で、長島町内の1小学校、1中学校が5日、授業開始を遅らせた。

フォトニュース