アニメの聖地観光に生かせ 〝巡礼〟誘引へ種子島で勉強会

(2018/02/06 20:25)
アニメツーリズムについて話す寺谷圭生さん=西之表市民会館
 種子島観光協会は4日、アニメの舞台を訪ねる“聖地巡礼”による観光振興を探ろうと、専門家の講演会を開いた。一般社団法人アニメツーリズム協会(東京)の寺谷圭生(たまき)事務局長(41)が先進事例を交え、「ファンが何を求めているか考えることが重要」と訴えた。
 寺谷事務局長は、成功例として「らき☆すた」で有名になった埼玉県鷲宮地区の取り組みを紹介。地元商工会が来訪者にヒアリングし、作品制作サイドに企画書を持ち込んで公式イベントを実現させたことや、登場人物を特別に住民登録するなど行政も機敏に動いたことを説明した。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース