屋久島の劇団が旗揚げ 9、10日公演 屋久島・宮之浦

(2018/02/07 20:00)
旗揚げ公演に向け、稽古する劇団「THE 屋久座」=屋久島町宮之浦の屋久島離島開発総合センター
 屋久島の住民と出身の若手俳優らによる劇団「THE 屋久座」の旗揚げ公演が9、10日、屋久島町宮之浦である。演目は郷土の偉人を描いた書き下ろし戯曲「如竹散人乱拍子(じょちくさんじんみだれびょうし)」。初舞台を前に、稽古に熱が入っている。
 戯曲は、屋久島のガイド会社に勤める松本淳子さん(60)の作。島民の生活を助けるため、屋久杉を伐採し年貢に収めることを奨励した儒学者・泊如竹(1570~1655年)を主人公に、10年かけて書き上げた。
 公演は、屋久島離島開発総合センターで9日が午後7時、10日は午後1時、同7時の計3回。前売り500円、当日600円。劇団「THE 屋久座」=0997(42)0944
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース