鹿児島の黒、福岡で発信 進出3飲食店共同運営「薩摩乃砦」

(2018/02/08 23:00)
「鹿児島の黒」をメニューにそろえる薩摩乃砦の店内=福岡市西区
 鹿児島特産の黒豚、黒牛、黒マグロ、黒薩摩鶏のメニューをそろえるレストランが福岡市西区にある。鹿児島市の飲食店3店が入る「薩摩乃砦(とりで)」。近くには大隅国が築造を担当した鎌倉時代の元寇(げんこう)防塁が残るゆかりの地で、「鹿児島の黒」を発信している。
 レストランがあるのは福岡市天神から西へ20キロ余り、大原海水浴場近くの4階建て元リゾートホテル。1階部分約1650平方メートルを、クロマグロ専門店「黒・紋」の安樂健治さん(72)が昨春購入した。「黒かつ亭」「さつま路」と共同運営し、客席は100人超。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース