島津家のひな道具 将軍家伝来の400点など展示 鹿児島市尚古集成館

(2018/02/11 13:00)
ひな壇に並ぶひな道具=10日、鹿児島市の尚古集成館別館
 「島津家伝来 人形とひな道具展」が、鹿児島市の尚古集成館別館で開催されている。将軍家から伝わり、県指定有形文化財になっているひな道具407点や、朝廷との交流を示す御所人形などが並ぶ。連休初日の10日は県外客でにぎわった。4月26日まで。
 ひな道具は1729年、徳川綱吉の養女・竹姫が島津継豊に嫁ぐ際、持参したとされる。赤いひな壇に並ぶ道具は豪華な作りで、貝合わせの貝を入れたおけのほか、棚は用途に合わせ3種類もある。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース