散歩コース 憩いの場に かかしで景観づくり 鹿屋・横山町

(2018/02/13 22:00)
釣りをするかかしを置いた池のほとり=鹿屋市横山町
 池のほとりで釣りをする人―。鹿屋市横山町の鷹直神社参道沿いに、こんな景観がお目見えした。人の正体はかかし。遠くから間違えて声を掛ける人も多い。参道は散歩コースになっており、地元住民でつくるホタルの会が楽しんでもらおうと整備した。
 かかしは、釣りざおを持った男性、網で池のコイを狙う女性ら3体。コイは本物だ。近くには“釣り人”が乗ってきたらしい自転車まで止まっている。リアルな光景に、「釣れますか」と近づいて、かかしにびっくりという人が後を絶たない。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース