篤姫の輿が“国元”に帰る 鹿児島市黎明館

(2018/04/12 13:00)
NHK大河ドラマ「西郷どん」で篤姫の輿入れシーンに使用された女乗物(レプリカ)=鹿児島市の黎明館
 NHK大河ドラマ「西郷どん」で、篤姫が徳川家に輿(こし)入れする際(8日放送)に使われた女乗物(かご)が11日、5カ月ぶりに“国元”の黎明館(鹿児島市)に戻ってきた。
 実は10年前に放送された大河ドラマ「篤姫」撮影用にNHKが製作したレプリカで、同じく輿入れシーンに登場、後に鹿児島県に贈られたもの。黎明館で展示されていたが、今回「西郷どん」撮影で貸し出されていた。
 高さ約1.3メートルで、金色装飾に徳川家の葵紋(あおいもん)もちりばめる。宮崎あおいさんと北川景子さんが乗った、文字通りの「玉の輿」に来館者らも興味津々で見入っていた。

フォトニュース