フジ優美、春風に揺れ 14日から「藤まつり」 霧島・和気公園

(2018/04/13 23:30)
甘い香りを漂わせ咲き誇るフジの花=霧島市牧園町宿窪田
 霧島市牧園の和気公園でフジが見頃を迎え、14日から恒例の「藤まつり」が始まる。好天に恵まれた13日は、薄紫、白、ピンクの3色の花房がカーテンのように春風に揺れ、甘い香りを振りまいた。暖かい今年は開花が早く、楽しめるのは4月下旬までになりそう。
 フジは、和気清麻呂の生誕地・岡山県和気町から2000年に贈られた。地元有志が年2回せん定し、総面積2500平方メートルの藤棚に23種類100本が花を付ける。
 開園は午前8時半~午後7時。ライトアップされる金~日曜、祝日は夜8時まで。21日は午前10時から開花セレモニーがあり、棒踊りや霧島九面太鼓が披露される。入園料は中学生以上300円。開花状況自動音声案内=0570(080)223
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース