体験型宿泊施設「星の宿」、財部北中跡に15日オープン 曽於

(2018/05/09 20:15)
旧美術室を改修した団体用客室=曽於市財部の「たからべ森の学校」
 曽於市の財部北中学校跡を活用した職業訓練施設「たからべ森の学校」内に15日、体験型宿泊施設「星の宿」がオープンする。「非日常のアナログ体験」をコンセプトに、観光ツアーやまき割り、星空観察といった多彩なオプションを用意。かつての教室を客室として利用し、昔ながらの五右衛門風呂も整備した。
 「森の学校」は2013年5月、前年に閉校した財部北中の校舎を活用し、農業系職業訓練施設として開校。サイバーウェーブ(鹿児島市)が運営主体となり、養成コースを増やしたり、校内で採れた野菜を使ったカフェ(旧職員室)を併設したりするなど事業を拡大してきた。
 たからべ森の学校=0986(28)6120
併設のカフェ(旧職員室)での夕食=曽於市財部の「たからべ森の学校」
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース