石蔵彩る 洋画30点 西健吉さん個展開幕 南さつま市加世田「寶常」

(2018/05/11 23:00)
石蔵に展示された西健吉さん(中央)の絵画を楽しむ来場者=南さつま市の本坊家旧邸「寶常」
 鹿児島市の洋画家西健吉さん(77)=二科会理事、南日本美術展審査委員=の絵画展が10日、南さつま市加世田津貫の本坊家旧邸「寶常(ほうじょう)」石蔵ギャラリーで始まった。落ち着いたたたずまいの石蔵に、郷愁を誘う人物画や風景画が並び、来場者を楽しませている。
 寶常は本坊酒造の津貫蒸留所に隣接。7月上旬から石蔵をギャラリーとして本格的に貸し出すのを前に、オープン記念として地元ゆかりの西さんの絵画展を企画した。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース