徳之島の価値を共有 自然遺産勉強会に450人参加 徳之島町

(2018/05/15 20:00)
IUCNから受けた延期勧告について説明する星野一昭さん=徳之島町文化会館
 徳之島、伊仙、天城の3町は13日、徳之島町文化会館で、世界自然遺産を学ぶ島民向けの勉強会を開いた。鹿児島大学特任教授の星野一昭さんらが講演。ユネスコの諮問機関、国際自然保護連合(IUCN)が出した登録延期勧告について解説した。
 登録への機運を落とさず、島民全体で徳之島の自然遺産の価値を改めて共有するのが目的。島民や各町議ら450人が参加した。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース