椋鳩十の作品活用 「命」学ぶ道徳教材集発行 姶良市教委

(2018/05/16 20:09)
姶良市の道徳教育教材集「生きるってすばらしい」を朗読する児童ら=同市の錦江小学校
 姶良市教育委員会は、加治木ゆかりの児童文学作家・椋鳩十の作品を活用した道徳教育教材集「生きるってすばらしい」を発行した。市内全児童に配布し、本年度から授業などで使っている。動物文学作品を通し、家族への愛、命の大切さを伝える。
 市が道徳心を育てようと取り組む「モラリティ・インプルーブメント推進事業」の一環。2016年度から2年間かけて小中学校の教諭11人が編集、4月1日発行した。
 A4判カラー64ページ。「マヤの一生」など12作品の一部を掲載し、動物のイラストを添えた。声に出して読む、考えて設問に答える-などの欄や、椋に関するコラムがある。
姶良市の道徳教育教材集「生きるってすばらしい」
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース