特産イチゴを教育に 体験活動で全国表彰 伊集院・中川ふるさと保全会

(2018/05/17 20:20)
いちごミルクを子どもたちに振る舞う「中川ふるさと保全会」のメンバー=日置市の土橋小学校
 日置市伊集院中川自治会の「中川ふるさと保全会」=東善一会長(65)=が、2017年度農業農村整備優良地区コンクールで、全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)会長賞の5団体に選ばれた。地元特産のイチゴを子どもたちに収穫・加工体験させる活動などが評価された。
 地元農家の多くがイチゴを栽培しており、収穫体験はPTAが20年以上前に始めた。それを保全会が、子どもたちにイチゴの魅力を知ってふるさとに誇りを持ってもらおうと、5年前から引き継いだ。いちご大福作りなど加工体験も併せて行っている。
全国水土里ネット会長賞に選ばれた「中川ふるさと保全会」のメンバー=日置市の土橋小学校
(記事全文は18日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース