香港人が指宿・白水館で県内初“リーガル婚” 日本の作法で挙式、婚姻届

(2018/06/06 20:20)
婚姻届を出す林競聰さん(左)と劉惠子さん=指宿市役所
 海外で結婚式を挙げ、現地の法に従って婚姻届を出す「リーガルウエディング」が6日、指宿市で行われた。香港のカップルが指宿白水館で神前式を挙げ、市役所に婚姻届を提出した。コーディネートした日本フォトウエディング協会によると、鹿児島県内で行われるのは初めてという。
 新郎新婦の2人は、デザイン事務所勤務の林競聰(ラムケンチョン)さん(36)とピアノ講師の劉惠子(ラウワイチィ)さん(37)。5日、家族ら11人と指宿入り。6日、白水館敷地内の薩摩伝承館で神前式に臨んだ。和服に身を包み、揖宿神社の幸野彬広禰宜(ねぎ)のもとで愛を誓った。
 市役所では、観光課職員らに大きな拍手で歓迎された。窓口で日本人と同じ様式の婚姻届にサインし、職員に手渡した。市は法務局を通じて内容を確認し、受理証明書を後日送る予定。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース