火花散らして魅力発信 出水と錦江、敵対都市宣言署名

(2018/06/08 22:00)
「敵対都市提携宣言」に署名した出水市と錦江町関係者ら=8日、鹿児島県庁
 出水市と錦江町の「敵対都市提携宣言」署名式が8日、鹿児島市の県庁であった。互いをライバルと認め、対決をテーマに地域おこしを目指す。両首長は「火花を散らし、競い合い、魅力を発信しよう」と気勢を上げた。
 署名式には、双方のご当地キャラクターも勢ぞろいした。錦江町の木場一昭町長は「いつかは首長対決になるだろう。出水ツルマラソンで勝負だ」と軽いジャブを入れた。椎木伸一出水市長は「世界を舞台にした対決にしたい」と応戦した。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース