華やかな彩り450点 南日本女流美術展が開幕 鹿児島市黎明館

(2018/06/09 22:00)
色彩豊かな作品に見入る来場者=9日、鹿児島市の黎明館
 第36回南日本女流美術展(南日本新聞社主催、日本エアコミューター協力)が9日、鹿児島市の黎明館で開幕した。華やかな彩りに満ちた絵画や洗練された技が光る立体が、来場者らを楽しませた。
 洋画、日本画、工芸美術の3部門の入賞入選作など450点を展示。最高賞・女流賞に輝いた久永真知子さん(76)=同市=の洋画「朝もや」は、白い画面に羽ばたく鳥や木々をみずみずしく描き出し、多くの人が見入っていた。
 17日まで。11日休み。一般600円、高校生以下無料。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース