H2A39号機打ち上げ、12日に延期 種子島宇宙センター

(2018/06/09 23:40)
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、南種子町の種子島宇宙センターで11日に予定していたH2Aロケット39号機の打ち上げを、12日午後1時20分0秒~同33分57秒に延期すると発表した。天候悪化が見込まれるため。予備期間は13日~7月11日。
 三菱重工業によると、機体を射点に移動させる10日深夜、台風5号の影響で強風となる上、11日の打ち上げ予定時間帯も氷結層の発生が見込まれる。打ち上げ時間を再設定した12日午後は、曇り時々晴れの見込み。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース