末吉カヌークラブの尾上、松竹さん ジュニア国際大会代表入り

(2018/06/14 22:00)
大淀川で練習に励む尾上楓さん(左)と松竹桜来さん=12日、曽於市末吉
 曽於市の末吉カヌークラブに所属する尾上楓さん(曽於高校1年)、松竹桜来(さくら)さん(大隅中学校2年)が、ジュニア国際大会「オリンピックホープス」(9月・スロバキア)のカヤックシングル日本代表に選ばれた。初出場の2人は「支えてくれた人たちの期待に応えられるよう全力を尽くす」と練習に励んでいる。
 オリンピックホープスは世界ジュニア選手権に次ぐ大会で、17歳以下の有力選手が集う。2人は最終記録会(4月・兵庫県)でそれぞれ優勝し、尾上さんがU16(16歳以下の部)の1000メートルと500メートル、松竹さんがU15(15歳以下の部)の1000メートルで代表入りした。
 オリンピックホープスには日本から17人が出場。県関係では尾上さん、松竹さんのほか、崎山渓さん(伊佐農林高2年)もカナディアンシングルで3年連続の代表入りを果たしている。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース