サッカーW杯 日本初戦大金星に鹿児島のファン歓喜

(2018/06/20 00:38)
大迫勇也選手のゴールに歓喜する若者ら=鹿児島市のアミュ広場
 「大迫ありがとう」。日本代表の大迫勇也選手(28)=南さつま市出身=のヘディングシュートがゴールネットを揺らした瞬間、鹿児島のファンは両手を高々と突き上げた。19日、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会でコロンビアとの初戦に臨んだ日本代表。格上相手に4年前の雪辱を果たす大金星を挙げた。鹿児島県内のパブリックビューイング会場でも、多くのサポーターが熱い声援を送った。
 鹿児島市のアミュ広場では、日本代表のユニホーム姿のサポーターら約500人が集結。激しい攻防を固唾(かたず)をのんで見守った。
 開始直後に日本がPKで先制すると「ぎゃー」と悲鳴のような歓声が上がり、観客は立ち上がったまま「ニッポン、ニッポン」と連呼。後半、大迫選手がヘディングで決勝ゴールを決めると「大迫ありがとう」の声も。興奮は最高潮に達し大迫コールが巻き起こった。
(記事全文は20日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース