鹿屋サウナ男性変死 鹿児島県警、80人態勢で交友関係捜査

(2018/06/20 23:50)
現場検証が行われた県民健康プラザ健康増進センター。右の建物1階にサウナがある=20日午後2時20分、鹿屋市札元1丁目
 鹿屋市札元1丁目の県民健康プラザ健康増進センターの入浴施設で19日、近くの無職曽田智明さん(59)が腹から血を流し死亡した事件で、県警は20日、殺人容疑で現場検証や聞き込みなど80人態勢で捜査。交友関係者を中心に事情を聴き、関係先を調べている。21日、遺体を司法解剖し、死因を特定する。
 鹿屋署などによると、曽田さんは19日午前10時半ごろ、入浴施設のサウナで腹部から血を流し倒れた状態で発見され、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。腹部には複数の傷があった。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース