マリンポートかごしまに外貨両替機導入 訪日客の利便性向上

(2018/06/28 13:00)
自動外貨両替機を使う乗員=27日、鹿児島市のマリンポートかごしま
 鹿児島市のマリンポートかごしまに自動外貨両替機が設置され27日、利用が始まった。入港した米船会社のマジェスティック・プリンセス(14万3000トン)の乗客乗員は米ドルや中国元を日本円に替え、早速街に繰り出した。
 これまで県職員OBらでつくるNPO法人「ゆめみなと鹿児島」がボランティアで両替業務を担っていた。14~16万トン級の入港が相次ぎ、外貨の種類も増えたため、負担軽減を図ろうと、ゆめみなとが導入した。
(記事全文は28日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース