新魚類市場が一部完成 鹿児島市

(2018/07/06 13:00)
閉鎖型の新しい競り場を見学する関係者ら=鹿児島市城南町の市中央卸売市場魚類市場
 鹿児島市が建て替えを進めている中央卸売市場魚類市場の新市場棟1工区が完成した。衛生・温度管理機能を高めた閉鎖型とし、輸出拡大も見据える。
 開放部分が多かった旧棟に比べ、新棟は壁などで覆って鳥や降灰が入り込みにくい構造とした。内部には室内の冷気をもれにくくするシートシャッターやエアカーテンを多用。卸売り場(競り場)にトラックを後ろ付けするプラットホーム(荷下ろし場)には、搬入口と車体との隙間をつくらないドックシェルターと呼ばれる装置を採用した。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース