次回W杯へ成長誓う 大迫選手、南さつまでファンに報告

(2018/07/09 22:30)
詰めかけたファンとタッチや握手する大迫勇也選手=8日、南さつま市のかせだドーム
 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した南さつま市出身のFW大迫勇也選手(28)が8日、同市のかせだドームで地元ファン700人を前にW杯の報告をした。「皆さんの声がすごく力になった」と感謝。「4年後のカタール大会で成長した姿を見せたい」と力を込めた。
 開場前から長蛇の列ができ、300人分用意された「大迫勇也 半端ない!」のスティックバルーンは10分足らずでなくなった。大迫選手が入場すると市民らはバルーンを力強くたたき、〝郷土の星〟を歓迎した。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース