「ダンボール遊園地」開幕 海賊船、遊具に歓声 鹿児島市の黎明館

(2018/07/22 06:30)
海賊船やダンジョン(迷路)などのダンボールアートを楽しむ子どもたち=鹿児島市の黎明館
 身近なダンボールが巨大な恐竜や遊具に変身する企画展「ダンボールアート遊園地inかごしま」(南日本新聞社主催、丸和建設特別協賛)が21日、鹿児島市の黎明館で始まった。夏休み初日の子どもたちが作品で遊んだり、歓声を上げたりして「遊園地」を満喫した。8月26日まで。
 香川県のダンボールアートクリエーター岡村剛一郎さん(41)が「子どもの創造力を育もう」と、特殊強化ダンボールで制作した約50点を展示する。
 大人(中学生以上)800円、子ども(3歳〜小学生)500円、ペア券(大人1人と子ども1人)1200円。会期中無休。小学生以下は保護者同伴。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース