鹿実、3年ぶり優勝 第100回全国高校野球選手権鹿児島大会

(2018/07/25 15:46)
 第100回全国高校野球選手権鹿児島大会最終日は25日、鹿児島市の県立鴨池野球場であった。鹿児島実が鹿屋中央を9-1で破り、3年ぶり19度目の夏の甲子園切符を手にした。
 鹿実は二回、2死一、三塁で長谷が右前適時打を放ち1点先制。三回は無死満塁の好機で4番西が本塁打を放ち一挙4点を奪うと、七、九回も2点を加え引き離した。鹿屋中央は八回に下本地の中犠飛で1点をかえしたが逆転はならなかった。
 全国選手権は8月5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕。組み合わせ抽選会は2日に大阪市で行われる。

(結果詳細は南日本新聞でご覧になれます)

373高校野球

フォトニュース