種子島空港定期路線にジェット機初就航 季節臨時の伊丹便、31日まで

(2018/08/02 13:00)
エンブラエル170の1番機で大阪から到着した乗客=種子島空港
 種子島空港(中種子町)に夏・冬休み期間だけ臨時運航されている伊丹(大阪)線がジェット化され1日、1番機の歓迎セレモニーがあった。臨時便とはいえ定期路線でのジェット機就航は、2006年3月の開港以来初めて。31日まで毎日1往復する。
 ジェット化に伴い、運航会社は日本エアコミューター(JAC、霧島市)から、同じ日本航空(JAL)グループのジェイエア(大阪)に変更された。
 1日午後2時前、双発ジェットのエンブラエル170(座席数76)は、予定より15分早く種子島空港に到着。中種子町職員らが歓迎の横断幕で出迎え、乗客には島の物産品などを贈った。
(記事全文は2日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース