すっきりとした甘みとコク 「天文館はちみつ」販売開始 鹿児島市

(2018/08/04 06:30)
販売が始まった「天文館はちみつ」=鹿児島市のマルヤガーデンズ
 鹿児島市のマルヤガーデンズと山形屋の屋上で採れる「天文館はちみつ」が「はちみつの日」の3日、販売開始された。3月に4箱ずつ巣箱を設置していた。7年目の今年はすっきりとした甘みとコクがある味で、濃い色が特徴という。
 3~4月の気温上昇で一気に花が咲いたため、採取量は昨年の4割程度の約120キロだった。160グラム入りを両館で各200個、天文館まちの駅ゆめりあで30個の計430個を、税込み1000円で販売する。
(記事全文は4日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース