絶景展望台 手作り 「自然の芸術堪能を」 大隅・笹木の幸田さん

(2018/08/05 23:00)
手作りした展望台からの景色と幸田義仁さん=曽於市大隅町中之内
 曽於市大隅の笠木地区に住む幸田義仁さん(69)方の裏山に、眺望の素晴らしい展望台がある。幸田さんが昨年、所有する山林のスギを使って手作りしたものだ。道を挟んで左右から山が迫る景色は「自然がつくり出した芸術作品」(幸田さん)。明け方は朝もやが山を覆い、日中とは違った表情を見せる。
 幸田さんの自宅は笠木台地の北辺にあり、展望台のある場所は麓まで一面の杉林だった。ところが、数年前に一部を伐採したところ、現在の眺望が開けたという。幸田さんは斜面に栗やキウイを植えたり、遊歩道をつくったりして手入れをしてきた。
 景色のよさから近所の人も訪れるようになったため、昨春に展望台づくりに取り掛かり、3カ月ほどで完成させた。
 場所は、西笠木公民館横の路地を入った突き当たり。
朝もやがかかると、展望台周辺は幻想的な雰囲気に包まれる=曽於市大隅町中之内(海老原昭雄さん提供)
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース