7月14日は「鹿児島県民の日」 2019年度から実施へ

(2018/08/08 13:00)
 鹿児島県は7日、県民の日を「7月14日」とする方針を固めた。1871(明治4)年の廃藩置県で鹿児島県が誕生した日にあたる。意見公募を経て、県議会12月定例会に条例案を提出、成立すれば来年度から実施する。
 制定検討委員会(委員長・三反園訓知事)で7日、県域が確定した1883(明治16)年の「5月9日」との2案を軸に協議。7月14日が大勢を占めた。
 学校を休日にしている県もあるが、検討委では「ふさわしい学校の取り組みが必要」として、休日にはしない意見が多数だった。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース