ふるさと大使 制服お披露目 霧島市

(2018/08/10 22:00)
大島紬と薩摩切子を使った新しい制服に身を包む霧島ふるさと大使の3人=霧島市隼人のさつきブライダル本店
 第11代霧島ふるさと大使3人の制服が完成し、霧島市隼人のさつきブライダル本店で10日披露された。NHK大河ドラマ「西郷どん」にちなみ、鹿児島を代表する伝統工芸品の大島紬と薩摩切子を使い、和洋が調和したデザインに仕上がった。
 制服は、2010年度から同店の米徳さつき社長(79)がデザインする。藍色の紬と鮮やかなオレンジで華やかさを演出。アクセントとして、同市国分の「美の匠(たくみ)ガラス工房 弟子丸」提供の薩摩切子が帽子など3カ所にあしらわれた。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース