経済、人の交流強化 鹿児島・香港会議 鹿児島市

(2018/09/06 13:00)
鹿児島と香港の交流促進で意見を交わす出席者=鹿児島市の城山ホテル鹿児島
 鹿児島県と香港の行政、経済関係者らが意見を交わす「鹿児島・香港交流会議」は5日、鹿児島市の城山ホテル鹿児島であった。農産物輸出や観光振興、人的交流の分野で現状や課題を探り、一層の関係強化を確認した。
 1980年から2年に1回、鹿児島と香港で交互に開いており、21回目。三反園訓知事や香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部のシェーリー・ヨン首席代表ら12人が出席した。
 香港側は、県産の肉や野菜が消費者に高い評価を得ていると説明し、「日本国内で定期会議を開催しているのは鹿児島が唯一。見本市の出展などを通し、もっと売り込んでほしい」と要望した。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース